UVカット 効果

UVカットグッズの効果的な使い方:日常編

日常的な紫外線対策として、物理的な方向で
効率よくUVカットを出来れば快適ですね。

 

通勤や、ちょっとした外出なら、日傘、帽子、アームカバーで
ファッションの邪魔にならないUVカットスタイルが
完成できるほど、最近の紫外線カット繊維の技術は
進歩しています。
また、カーディガンなどの衣類でもUVカット効果の高い
製品が開発されています。
駅までの道のりの炎天下でUVカット、通勤の電車内での
冷房による冷え対策にも役立つ優れものです。
もちろん、デザインや色も豊富に出回っています。

 

ガーデニングや愛犬ちゃんの散歩などなら、帽子、
フェイスカバー、ネックカバーなどを利用すれば、
かなりの紫外線をカットすることができます。
しかも、ムレたりすることのないクーリング素材のものを
使用すれば、暑さとも無縁の快適なガーデニングタイムが
楽しめます。

また、ドライブなどで車を運転する場合、アームカバー、
サングラス、UVカットコンタクトレンズを併用することで
紫外線カット効果はかなり高くなります。
さらに、車の窓がUVカットガラスなら、ドライブ中の紫外線を
気にすることはほぼ必要なくなります。
もし、車のガラスがUVカットガラスではない場合は、
カー用品店などでUVカットシェードが販売されていますから、
利用してみるのもいいですね。
ただし、このシェードは運転席の窓やフロントガラスには
使用できません。後部座席のみ使用可能です。

 

そして、外出しないときでも、部屋の中に入ってくる
紫外線が気になる場合もありますね。
ホームセンターなどで、窓際に掛けるタイプのUVカット
シェードやすだれや、ベランダに立てかけることで
部屋の外で紫外線をカットしてくれるUVカットスクリーン
などが販売されています。

 

日常の紫外線は毎日の蓄積で後々肌にダメージを与える
こともありますから、紫外線防止グッズで快適に
過ごしたいですね。