紫外線が肌に与える影響

紫外線が肌に与える影響

紫外線は目に見えませんが3種類ほどあります。UVA、UVB、UVCです。このうちUVCはオゾン層などに吸収され地表には届かないので人的影響はありません。

 

UVAとUVBが肌に悪影響を与えるのです。まず、UVAは物質の妨げを受けにくく雲なども通過してしまいます。また、紫外線のほぼ90%を占め1日中降り注いでいるので、急激な障害を引き起こすことはないにしてもだんだんと肌に蓄積し、しわやたるみの原因を作り弾力を失わせて老化の原因を作ります。

 

 

もともとあったシミの原因のメラニン色素にも働きかけ、より、シミを濃くしてしまいます。また、波長が長いのも特徴です。UVBはほぼ10%で波長が短いのが特徴です。UVAと違って降り注ぐ時間は少ないのですが、直接的な肌への影響が大きいので、短時間浴びただけでもやけどをしたように赤くなって痛くなったり、時間をおいて黒くなったりと防がないと怖い存在です。

 

 

表皮細胞やDNAをも傷つける威力があるのできっちりと防ぎたいです。このように悪影響が全面に出がちな紫外線ですが、全く浴びずに生活するというのもまた問題で、実は良い面もあるのです。骨の元になるカルシウムはそのまま摂取しても体に吸収されにくいのですが、ビタミンD3があれば吸収されやすくなります。これは紫外線を浴びた肌が作り出す成分なのです。

 

 

このビタミンは太陽のビタミンとも呼ばれ、免疫力向上や花粉症、自閉症などにも効果があるかもしれないと言われています。とはいえ、やはり防ぎたいものですので、日焼け止めなどをぬりましょう。日焼け止めクリームも色々種類がありますが、人それぞれで赤くなって痛いだけで黒くならない人から浴びるとすぐ黒くなってしまう人までグラデーションにタイプが分かれます。

 

 

また、夏だけケアをする人もいらっしゃると思いますが1年中雨の日も降り注いでいますので、防御力の強さや肌への負担を考慮して選びたいものです。日焼け止めクリームを見るとSPF50などと数値が書いてあるものがあります。これは主にUVBを防ぐ効果があります。この数値が大きければ大きいほど防護力が高いのです。

 

 

海や山などのレジャーや運動会など長時間外にいる場合や太陽に近い位置にいる場合は強めのものを選ぶとよいでしょう。そして、1度塗ればよいわけではなく、汗で流れてしまったりすることもありますので、こまめに塗りなおしましょう。

 

 

家の中にも入ってきますので、数値が低めのものを使用するとよいでしょう。PA+++と書かれているのはUVAを防ぐ力です。+が多ければそれだけ強く守ってくれるのでこちらも参考にしてご自分に合った日焼け止め対策をしましょう