紫外線 肌 老化 皮膚疾患

紫外線による肌の老化・皮膚疾患

紫外線によって、肌の老化が進んだり、
肌の炎症がおきることが確認されています。

 

肌の老化を促進させるのは、主にUV-A波です。
しかし、肌の老化に繋がる肌の乾燥も引き起こす
原因となります。

 

UV-A波は肌の奥深くの真皮まで到達します。
そして肌の奥で活性酸素を発生させ、肌細胞の
遺伝子を傷つけるなどして、皮膚の免疫力を低下
させてしまいます。
そして、「光老化」といって、UV-A波は真皮の
コラーゲンやエラスチン線維を破壊して劣化させ、
肌が弾力を失い、シワや肌の乾燥、たるみなどの
老化の原因となります。

 

また、紫外線は肌の水分を奪う性質があるので、
乾燥肌の原因にもなります。乾燥した肌細胞は
再生力が低下してしまいます。
乾燥肌が老化しやすいと言われるのはこのためです。

つぎに、紫外線による肌の炎症について説明します。

 

紫外線による肌の炎症は、UV-B波によるものです。

 

UV-B波を大量に浴びると起こる肌は赤くなって日焼けします。
これはサンバーンと呼ばれ、やけどのような立派な炎症です。
痛み・水ぶくれ・発熱などの症状が現れます。

 

また、UV-B波の肌表面においての作用のなかで、
皮脂を酸化させる現象や、活性酸素を発生させる
作用もあります。
これらによって、肌荒れが起こったり、毛穴の皮脂が
酸化してニキビが発生しやすくなったり、また既にできている
ニキビが悪化することもあります。

 

そして、UV-B波の特徴として、肌表面の皮膚組織や
遺伝子を傷つける性質があります。
UV-B波を多く浴びることにより、紫外線から
肌細胞の核を守る役割のメラニンが役割を果たせなくなり、
遺伝子の一部が傷ついてしまいます。
この傷ついた細胞が、がん細胞へと変化すると考えられて
います。
紫外線による害の中で、このUV-B波による皮膚がんが
最も深刻な疾患といえます。